「大悲願船」黒書院玄関前の壁龕

黒書院襖絵

今回お訪ねしたF様は、浄土真宗のお寺のご住職様。この寺は、開祖親鸞聖人の直弟子が開いた、800年の法灯を今に伝える古刹です。お訪ねしたのは、旧臘半ば、陽射しのやさしい午後のことでした。

山門をくぐると正面に本堂。ご本尊は江戸初期に開眼された阿弥陀如来立像、金箔に截金が施された端正なお像です。目を左側に向けると八角形のお堂があります。太子堂です。ここに安置されているのが、徳川光圀公に寄進された聖徳太子像。鎌倉時代の作で、国の重要文化財に指定されています。毎年太子の命日に一日だけ開帳されるほかは閉扉されていたため、長い間、お香や灯の煤に燻されず、美しい彩色が残されていると言われています。

参道の右手奥に庫裏(住職の居所)と一体となった黒書院が建っています。平成25年に再建された真新しい建物、三州瓦のグレーと外壁の白とが秋空に映えてとても美しく見えました。

まず庫裏に向かうとF様は正装してお迎えて下さいました。そこで再建された庫裏・黒書院のことなどを仏教史とともにいろいろな話をしていただきました。建築、美術など多方面に造詣の深いF様のお話はとても興味深くまた啓発されることも多く、思わず所蔵品の拝見という本来の目的を忘れそうになったほどでした。

その作品は黒書院で拝見することができます。黒書院の表玄関に立つと、正面に純和風なのですが、どこか西洋の教会を思わせる壁龕(ニッチ)、その中に篠田の書がライトに照らされて輝いていました。『大悲願船』は親鸞聖人のお言葉と思われます。阿弥陀仏の生きとし生けるものの苦を救うという心(大悲)から働きでる知恵を受けて、暗い苦悩の人生の道のりが、明るい大海原をゆったりとした心持ちで船に乗って進んでいくような道が開けてくる、その働きと心境を表す言葉と受け止めています。篠田がこのように宗教的な意味合いを持つ言葉を書くのは大変珍しく、とても貴重な作品だといえますが、F様からの応需により昨年制作されたものです。大変力強い中に、篠田らしい繊細でかつ鋭い線も垣間見られる素晴らしい作品です。

黒書院の本座敷の床(二畳間)に向かって左に付書院が設えられています。この床の間には、当寺最初期の本尊(絵像)でありました「阿弥陀如来来迎図」(南北朝時代)の軸が掛けられていますが、今まさに西方浄土から雲に乗って阿弥陀さまが、お迎えに来られている図柄です。この軸一枚により、室内(21畳)にピンと張り詰めた空気が感じられました。ここに行事の客僧が通され、茶やお斎がふるまわれるそうです。

この黒書院の本座敷と次の間との間の計6面(3間分)の襖には篠田の抽象が描かれています。とは言え、厳密には左側4面の中の1面と右側2面のうち1面に抽象、もう1面に落款という構成になっています。右側の襖から見ていきましょう。何本もの線が交差する抽象作品です。何らかの文字(たとえば「流」)を基にした抽象なのか、はじめから篠田の頭の中で生まれた抽象なのか分かりませんが、作品について作者は何も語ってくれません。観者が感じるままに受け止めれば良いのでしょう。私には迸り出る命の喜びを表現したものに感じられました。その目で左側の4面を見ると、こちらは大きな空白の中に小さく二筆。悠久な時空の中を漂う大乗の船の姿に見えました。果たして作者の意図は奈辺にあったのでしょうか。襖の大半をしめる空白の部分とわずかに描かれた抽象とがもたらす緊張関係に、身の引き締まる思いがしました。この書院の壁は、総白漆喰で、この襖の作品は調子を合わせるように越前和紙の精白な麻紙が使われています。この書院の再建が平成25年ですので、篠田99歳の頃の作ということになります。しかし、目の前には全く年齢を感じさせない構想の大きなそして力強い作品が広がっていました。観光寺院でないので、これらの作品が一般公開されていないのが、ちょっぴり残念です。

このあと、本堂などを参拝して、もう一度庫裏に移りお茶をいただきながら、ふと窓の外を見遣ったとき、大きな池の向こう側の林の梢に散り残った葉に西からの夕日が射して美しく輝いていたのが印象的でした。そして本日、鑑賞した篠田作品がもう一度蘇り、建築美とも融合して、仏教思想(浄土信仰)を想起させる瞬間でありました。

 

F様邸は都会に居ることを一瞬忘れるほど広大な土地に佇む純和式の一戸建住宅です。お玄関を入ると左が住居部分、そして右がお茶室への入口となっています。

あまりに素敵な空間なので、さぞや有名な建築家に依頼したのかとうかがってみたところ、「主人の設計なんです。」という回答が返ってきた。ご主人様が色々な建築本を読破して、独学で図面を引いたそうです。家の主人が建てた家だけあって、「住む人のための家」をおもわせる、随所にご家族への配慮と愛情が感じられる、考えつくされた空間になっています。

篠田桃紅の「月」という作品は画仙紙に書かれ、表装には銀箔を使用。作品を展示するとお茶室に一瞬光が射して、俗世間から離れたこの居心地のいい空間にいつまでも佇んでいたいとおもいました。


パリ生活社は、パリの短期滞在型アパルトマンを斡旋する企業です。最近はホテルではなく、自炊もしながらセカンドハウスのようにリラックスして、なおかつ安く滞在したいという日本人も増え、立地のいい場所に物件を多く抱えている同社は年々売上を増やしています。

同社を運営しているO様ご夫妻は、長年パリでビジネスを展開し、フランスの隅々まで精通しているからこそ、貸手側も安心して物件を委ねられるのでしょう。また借手側には出発前に懇切丁寧なガイダンスを提供し、パリのスタッフはみな日本人なので、言葉の不安もありません。

また日仏会館で開催するフランス語コンクールにスポンサーとしてパリ生活社賞を、芸術家には発表する場を提供するなど、文学や芸術にも大きな貢献をしてきました。

パリ生活社のオフィスやご夫妻の自宅も芸術作品で溢れています。フランスに旅行に行かれる方、『私もパリに暮らしてみたい。』という方は是非パリ生活社のサイトをご覧下さい。天気予報、イベント、展覧会など、パリの情報も満載です。

パリ生活社
TEL:03-3238-5377

http://www.paris-seikatsu.com

タイのバンコクにお住まいのB様ご夫妻は、海外にも長くお住まいだったのではないかとおもうほど、英語も流暢でコスモポリタンな雰囲気の素敵なご夫妻でした。

山田浩司の作品をその場で数点選ばれて、ご自宅のあるバンコクまで飛行機に乗せて持って帰られました。一日ご夫妻で悩み(多分手荷物がかさむのでどうしようかとお悩みになられたのだと察します。)やはりどうしても忘れられないとおっしゃり、翌日またご来店下さいました。

ご帰国後、山田作品を飾ったご自宅のお写真をお送り下さったので、ご夫妻の許可を頂いて掲載します。山田作品が伝統的な様式に不思議とマッチしていて、とてもカッコイイですね。

さいたま県大宮の氷川神社お近くにお住いのS様邸をご紹介します。

氷川神社は、2000年以上の歴史をもつといわれ、大いなる宮居として大宮の地名の由来にもなった日本でも指折りの古社で、武蔵一宮として関東一円の信仰を集め初詣には多くの参拝客で賑わいます。

参道は南北に2km伸び、両側に美しいケヤキ並木が並んでいます。S様邸は、この氷川参道から1本入った爽やかな空気に満ちた静かな一角にありました。

お二階からの明るい光があふるお玄関と廊下。アンティークの椅子や花かごなど奥様の感性で選ばれたものでコーディネイトされた客間。至るところに温かさと心地よさが感じられ、毎日の生活を楽しんでいらっしゃる様子が覗えました。いつまでもお邪魔していたい素敵な空間でした。奥様が前々からファンであったとおっしゃる篠田桃紅の作品は、やはりぴったりその空間に納まりました。

今回お訪ねしたY様は大のレスリー・セイヤーファン。瀟洒なお宅の玄関ドアを開くと、さながらセイヤーワールドと言った趣のホールが目に入ってきます。周囲の壁には、セイヤーの明るい花の絵が所狭しとかけられていて、まさにカリフォルニアの花園のよう。

生活の場はすべて2階にあり、このホールはもっぱら絵を鑑賞しながら、くつろぎ、リフレッシュする場になっています。時々は、親しい友人とのホームパーティーも開かれるそうです。以前、セイヤーさんがY様邸を訪れたとき、ご自分の作品一点一点をゆっくりと、そして感慨深げに見入っていたそうです。

このセイヤーの花園の中に、全く趣の異なる山田浩司のオブジェが数点並べられ、ホールのアクセントとなっていました。さらに、隣の和室には最近手に入れた篠田桃紅の大作「静けさ」が掛けられていました。この一点だけでホールとは対照的にしっとりと落ち着いた篠田の世界が展開されていました。Y様のお好みの広さがうかがえる訪問でした。

千葉県市川市にお住まいのO様邸をご紹介します。

市川市国府台は非常に歴史が古く、旧石器時代の遺跡が今でも残っています。また歌川広重は『名所江戸百景』の中で里見公園付近の風景を描いています。


さて、O様邸のお玄関を入るとすぐ右手に篠田の作品が目に飛び込んで来ます。和紙にやさしい薄墨で描かれた篠田桃紅氏80代の作品です。O様と篠田作品の出会いは遡ること20年以上前、シアトルに住むお姉様から篠田桃紅というアーティストがいることを聞かされ、最初の一枚はアメリカで手に入れたそうです。その後90年の半ば、某銀座の画廊で篠田桃紅展が開催されているのを新聞で知り、はじめてギャラリーという場所に足を踏み入れたそうです。そこで篠田作品に一目惚れし、その場で本作品を2点購入しました。

2人のお姉様はアメリカ人とご結婚され、ハワイとシアトルにそれぞれお住まいですが、年の離れたO様にとって、少女時代に受けたアメリカ人のライフスタイルから多く影響されたそうです。絵だけではなく、家具から食器まで、金額ではなく自分のお気に入りを時間をかけて探し続け、今でもお姉様たちと『私の一番』について、情報交換するそうです。すべてにこだわり集めたものだけに、至るところに愛情と心地よさが感じられる、いつまでも佇んていたい素敵な空間でした。

文京区は千駄木にお住いのY様邸をご紹介します。

千駄木の名前の由来は、雑木林で薪などを伐採、その数が千駄にも及んだからという説や、太田道灌が栴檀(せんだん)の木を植えた地であり、この栴檀木が転訛したとの説もあります。

谷根千とひと括りに呼ばれる谷中・根津と千駄木は、下町情緒あふれる地域として知られています。東京大学が近く、川端康成、北原白秋、高村光太郎、夏目漱石、森鴎外など多くの文人が居を構えたことでも有名です。

千駄木の中でも特に高台の閑静なマンションの扉を開けると、広いお玄関と辛子色の壁面がばっと視界に入り、玉村豊男と篠田桃紅の作品がお互いを尊重し合いながら綺麗に展示されています。広いリビングの先にせり出たベランダがより一層開放感を導き、Y様ご夫妻さながら、爽やかな風の吹き抜ける居心地のいい空間です。家具や照明器具、食器に至るまで、時間をかけてじっくり吟味されているのがわかります。

Kさん(K様と呼ぶべきですが、ご本人がこれをとても嫌がりますので、今回に限りKさんと言わせていただきます)のお住まいは、浅草寺にほど近いとても素敵な2LDKのマンションです。ご本人は「広さもですが、絵を飾る壁が少ないのが、何よりもの悩みです。」と苦笑いされています。

玄関左手の小壁にユトリロのリトグラフ“モンマルトル”が掛けられ、訪問者を迎えてくれます。サクレクール寺院とムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットが描かれた小粋な1枚です。玄関前から左右に伸びる廊下は、さながら画廊の展示場。左手には、一昨年サンカイビで絵画の修復についてご講演いただいた小林基輝先生のリトグラフが飾られています。これはやはり一昨年、新潟池田美術館で開かれた『ムリナーリニ・シン絵画展』に際し、小林先生が参考出展された作品で、Kさんお気に入りの一枚だそうです。

廊下右手正面には、ガントナーの油彩(15号)“秋の池”が、鍵の手に曲がった先には、加山又造のリトグラフ“メジロ(3羽の小鳥)”と、ジャンセンのリトグラフ“奉献(Francony社刊レゾネ№401)”が、いずれもひっそりと並び掛けられ、その奥のリビングに導いてくれます。これらは、時々掛け替えて雰囲気の変わるのを楽しんでいるそうです。

リビングの片隅に、ジャンセンの油彩画“王様の選択”と、リトグラフに水彩とパステルで彩色を施した“人形とポリシネル”が掛けられています。“王様の選択”は、作家がご自身のご家族のプレゼントにするために描いたもので、この作家にしては珍しい2号という小品ながら大作の雰囲気を湛えています。“人形とポリシネル”は1984年に制作したリトグラフを元にした作品ですが、元のリトにくらべ手彩色されている分豊かな味わいを湛えています。室内の別の壁にはムリナーリニ・シン(前インド大使夫人)の水彩画が華やかな彩を添えています。

居室1には、ジャンセンの初期のリトグラフ“傘の下の母子(F社刊レゾネ№65)”と織田広喜の油彩画“テラスの風景”が並べて掛けられていました。ただ、この2枚の肌合いがあまり気に入らないようで、近々織田をジャンセンのリトに掛けかえる積りだそうで、“レモン売り( F社刊レゾネ№4)”か“八百屋( F社刊レゾネ№228)”にしようかと考えているそうです。

居室2はKさんご本人の書斎兼寝室で、一面の壁には、ジャンセンの水彩画“野菜のある静物(1962年)”を中心に、ルオーの銅版画“見世物小屋の呼び込み”とピカソのリトグラフ“小さなポットの花束”が並べて掛けられていました。さらに別の小壁を篠田桃紅の抽象が“遥”が飾られていました。どれも野球で言えば4番バッター、とても個性の強い作品なのですが、それぞれ主張しあいながらも、喧嘩せずにうまく調和しているように思いました。

★  ★  ★  ★  ★

― 随分いろいろな作家さんの絵を集めていますね、ほかにはどんな作家さんの絵をお持ちですか?

Kさん えぇ、いつの間にか有名、無名の作家さんの作品が増えてしまいました。 10数人の作家さんの作品を楽しんでいますが、サンカイビさん所縁の画家では、吉岡耕二先生、北川健次先生、F・ミアイユ先生でしょうか。

― コレクションの基準はどうお考えになっていますか?

Kさん とくにはないんです。 画廊などで、いろいろな絵を見ているうちに、たまにキラキラッて光って見えてくる作品があるんですね。 そうなると、もうほとんど衝動買いってことになります。 もともと絵画と古書(希少本)は気に入ったらすぐに買うべきだと思っていますから。 一晩考えて翌日行ったらもう売れていた、ということになりますと残念ですからね。 系統的にとか目的を持って収集するわけではありませんので、私は自分をこれまでこのコラムで紹介されてきた方々のようなコレクターだとは、考えてはいません。

― 1番好きな画家さんは?

Kさん それぞれに気に入って買い求めてきたのですから、どの作家さんも好きですが、その中で一人をあげるとすれば、ジャンセンですね。 とくに、40歳代から60歳代にかけての作品が好きで、たとえば、線の一本一本が強さとやさしさを持っていて全く無駄がありません。 背中だけで、その人の感情、生き様を表現できる画家さんはあまりいないのではないですか。 毎日見ていても飽きがきませんし、それどころか日々新たな発見があるんですよ。

― ご自慢の一品は?

Kさん 作品ではないのですが、ジャンセンのイラスト入りのサインが気に入っています。 装画本の1ページに描いていただいたものですが、本の内容ともマッチしていて、素晴らしいなと思っています。 これはもう二度と手にはいらないでしょうね。

★  ★  ★  ★  ★

どうやら大分長居をしてしまったようです。そろそろお暇いたしましょう。

世田谷区の無形文化財、ボロ市が立並ぶ、ボロ市通り近くに居を構えるE様邸をご紹介します。

ボロ市の歴史は遡ること1578年、北条氏政の「楽市掟書」により世田ヶ谷城下で始まった楽市を嚆矢とするそうです。江戸と小田原の間にある世田谷宿において伝馬の確保のため、宿場を繁栄させようという目的があったといわれています。

さて、E様邸を5、6年前はじめてお邪魔した時の印象を今でも鮮明に記憶しています。高級マンションのモデルルームのように絵画や家具などのインテリアがとても素敵だったのと、ホテルのように生活感がまったく感じられなかったからです。奥様曰く、「篠田先生の作品を集めているうちに、ものが置けなくなって…。」確かに篠田桃紅の作品は空間を選ぶのかもしれません。

作品を大切に扱って頂いているせいか、作品たちも嬉しそうに輝いて見えました。生活の場であるご自宅をここまでストイックに綺麗に保つのは、なかなか出来ないことです。アッパレ星☆☆☆です。