文京区は千駄木にお住いのY様邸をご紹介します。

千駄木の名前の由来は、雑木林で薪などを伐採、その数が千駄にも及んだからという説や、太田道灌が栴檀(せんだん)の木を植えた地であり、この栴檀木が転訛したとの説もあります。

谷根千とひと括りに呼ばれる谷中・根津と千駄木は、下町情緒あふれる地域として知られています。東京大学が近く、川端康成、北原白秋、高村光太郎、夏目漱石、森鴎外など多くの文人が居を構えたことでも有名です。

千駄木の中でも特に高台の閑静なマンションの扉を開けると、広いお玄関と辛子色の壁面がばっと視界に入り、玉村豊男と篠田桃紅の作品がお互いを尊重し合いながら綺麗に展示されています。広いリビングの先にせり出たベランダがより一層開放感を導き、Y様ご夫妻さながら、爽やかな風の吹き抜ける居心地のいい空間です。家具や照明器具、食器に至るまで、時間をかけてじっくり吟味されているのがわかります。

Y様邸 篠田桃紅

  • 5月 6th, 2012
  • Posted in 回廊

Comments are closed.