千葉県市川市にお住まいのO様邸をご紹介します。

市川市国府台は非常に歴史が古く、旧石器時代の遺跡が今でも残っています。また歌川広重は『名所江戸百景』の中で里見公園付近の風景を描いています。


さて、O様邸のお玄関を入るとすぐ右手に篠田の作品が目に飛び込んで来ます。和紙にやさしい薄墨で描かれた篠田桃紅氏80代の作品です。O様と篠田作品の出会いは遡ること20年以上前、シアトルに住むお姉様から篠田桃紅というアーティストがいることを聞かされ、最初の一枚はアメリカで手に入れたそうです。その後90年の半ば、某銀座の画廊で篠田桃紅展が開催されているのを新聞で知り、はじめてギャラリーという場所に足を踏み入れたそうです。そこで篠田作品に一目惚れし、その場で本作品を2点購入しました。

2人のお姉様はアメリカ人とご結婚され、ハワイとシアトルにそれぞれお住まいですが、年の離れたO様にとって、少女時代に受けたアメリカ人のライフスタイルから多く影響されたそうです。絵だけではなく、家具から食器まで、金額ではなく自分のお気に入りを時間をかけて探し続け、今でもお姉様たちと『私の一番』について、情報交換するそうです。すべてにこだわり集めたものだけに、至るところに愛情と心地よさが感じられる、いつまでも佇んていたい素敵な空間でした。

O様邸 篠田桃紅

  • 7月 28th, 2013
  • Posted in 回廊

Comments are closed.