今回お訪ねしたY様は大のレスリー・セイヤーファン。瀟洒なお宅の玄関ドアを開くと、さながらセイヤーワールドと言った趣のホールが目に入ってきます。周囲の壁には、セイヤーの明るい花の絵が所狭しとかけられていて、まさにカリフォルニアの花園のよう。

生活の場はすべて2階にあり、このホールはもっぱら絵を鑑賞しながら、くつろぎ、リフレッシュする場になっています。時々は、親しい友人とのホームパーティーも開かれるそうです。以前、セイヤーさんがY様邸を訪れたとき、ご自分の作品一点一点をゆっくりと、そして感慨深げに見入っていたそうです。

このセイヤーの花園の中に、全く趣の異なる山田浩司のオブジェが数点並べられ、ホールのアクセントとなっていました。さらに、隣の和室には最近手に入れた篠田桃紅の大作「静けさ」が掛けられていました。この一点だけでホールとは対照的にしっとりと落ち着いた篠田の世界が展開されていました。Y様のお好みの広さがうかがえる訪問でした。

Y様邸 レスリーセイヤー&山田浩司

  • 8月 30th, 2013
  • Posted in 回廊

Comments are closed.