弁慶像について

 今をさかのぼる事350年前、現在の人形町あたりに茸屋町と堺町という街があった。
 当時この街では、江戸三座といわれていた芝居小屋のうちの市村座と中村座の二座が歌舞伎を上演しており芝居街と呼ばれていた。また、浄瑠璃による操り人形の芝居小屋も数軒あり、歌舞伎と合わせて庶民の人気を集めていたと言う。
 ここで使われた人形の製作と、修理にあたった人形師達は、この周辺に住み人形細工と人形の販売をも業としていた。
 以上が人形町の名のいわれとされており、ここ人形町界隈は今日隆盛をきわめる江戸歌舞伎発祥の地と呼んでも差し仕えないといえる。

 この度、緑道の改修に当たって、入口の広場に歌舞伎一八番の内でも人気のある勧進帳の武蔵坊弁慶像を設置するとともに、その背面に関所風の冠木門を設けて江戸情緒をかもしだし、往時をしのばんとするものである。

中央区土木部公園緑地課
★みけらんぢぇろ 紹介