サンカイビ文化サロンのご案内 

主催 ギャラリーサンカイビ

 

サンカイビ文化サロン開催のお知らせ

 

■第11回
「父の遺したもの 美-自由へのあこがれ」

講師 : 脇村 健子 氏
(公益財団法人)脇村奨学会 学芸員
(NPO法人)シニアSOHO小金井 理事

日時:2019年8月29日(木)午後6時~ * 無料
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第1会議室(4階)

 脇村健子氏の父、脇村禮次郎氏(1904-1988)は和歌山県田辺市出身、旧制田辺中学、東京商大(現一橋大学)卒業後銀行員として戦前、戦後のニューヨーク・ロンドンなど海外駐在中に多くの美術館を巡りました。帰国後は主に画廊で美術作品と向き合いながら、文人や画家・美術研究者・画商たちとの交流を深め、自己の鑑識眼と美術に対する探究心を養いアートコレクションに力を注いできました。昭和が終わる前年83歳で亡くなりましたが、早くから「郷里の田辺市に美術館を」という熱き思いを持ち、コレクションを寄贈することを遺言しました。文人画・抽象画などは現在田辺市立美術館に寄託され、展覧会の貸し出し依頼も続いています。

 作品と対峙し、そこに美を捉えるという行為は、内省する自分への問いかけであり、また共鳴への提案でもあります。禮次郎氏の遺したものから、文人画と抽象画の垣根は取り除かれ、そこには美-自由へのあこがれを感じることができます。父 禮次郎氏の卓越した鑑識眼と美術への思いをお話し頂きます。

 

【経歴】脇村健子(わきむら たけこ)
1944年東京都新宿区矢来町生まれ。1967年日本女子大学文学部史学科卒業。 

1969年立教大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了。高等学校・中学校社会科教員免許(専修)取得。1983~2013年 日本女子大学附属高校、立教女学院高校非常勤講師、担当:世界史・現代史(国際政治)・論文指導。1994年博物館学芸員、図書館司書、司書教諭資格取得。1996~現在(公益財団法人)脇村奨学会学芸員・図書館司書。1997~2001年 (公益財団法人)中東調査会「社会科教育と中東地域研究」客員研究員。2014~現在(NPO法人)シニアSOHO小金井 歴史勉強会「たけのこ塾」小金井主催。高校同級生と「たけのこ塾」鎌倉主催。

脇村 健子 氏
 

■第10回 「日本は東洋か?建築の文化地政学」

講師:若山 滋 氏
建築家・名古屋工業大学名誉教授

日時:2019年7月29日(月)午後6時~ * 無料
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第1会議室(4階)

 長いあいだ日本は「西洋」と対峙し、自らを「東洋」と位置づけてきたが、このところのヨーロッパの凋落と中国の台頭によって、その意味合いが微妙に変化している。

 若山氏が大学で世界の建築様式の比較を論じていたとき、ケニアの留学生に「先生、アフリカから見ると日本はwestなんですよ。」「そんなバカな。」「本当です。でも中国はeastなんです。」という問答が交わされた。たしかにケニアから見て、かつての宗主国イギリスはwestであり、アメリカはその延長、日本はさらにその延長と見えないこともない。そしてイスラム圏やインドや中国は、アジア大陸におけるeastと見えるのも理解できる。果たして日本は本当に東洋なのだろうか?

 若山氏の専門である建築様式の分布から、西洋と東洋・中国と日本・そしてアメリカを文化地政学的に再考察してみよう。コミュニケーション・ツールが発達した今日、かつてとは異なる文化圏の発想があるだろう。

 

【経歴】若山滋 Shigeru Wakayama
1947年台湾生まれ。東京工業大学建築学科卒業、同大博士課程修了、工学博士。1974年久米設計を経て名古屋工業大学教授。米国カリフォルニア大学バークレー校、コロンビア大学客員研究員。 

現在、中京大学客員教授、名古屋工業大学名誉教授。専門は建築学・都市論・文化論。著書は『建築へ向かう旅ー積み上げる文化と組み立てる文化』『組み立てる文化の国』『風土に生きる建築』『「家」と「やど」― 建築からの文化論』『漱石まちをゆく ― 建築家になろうとした作家』『インテンシブ・シティー都市の集約と民営化』『建築家と小説家 ― 近代文学の住まい』など。現在はヤフーニュース「THE・PAGE」連載中。

若山 滋 氏
建築作品には「不二の一文字堂」「高萩市立図書館」「ミャンマー中央農業開発センター」「名古屋工業大学正門」「西尾市岩瀬文庫」などがある。

「建築文化」懸賞論文最優秀賞(下出賞)・1976年 名古屋青年会議所ターグ賞・1987年 科学技術図 書文化賞(日刊工業新聞社)優秀賞・1987年 中部建築賞(1993年、2000年、2004年)

 

【 中央区総合スポーツセンターの案内 】

日本橋浜町2丁目59番1号 区立浜町公園内
電話 03-3666-1501

最寄駅 都営新宿線 浜町駅 A2番 徒歩1分

map
 

■ 講演のご予約・お問い合わせ先

事務局]ギャラリーサンカイビ 担当:平田・高島

Tel:03-5649-3710/Fax:03-5649-3720
mail:info@sankaibi.com

http://www.sankaibi.com
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-22-5

 
 

これまでのサンカイビ文化サロン

 

■第9回 『不確実な世界・絆強める日本とインド』

ゲスト対談 : ヘマント・シン元大使
(元駐日インド大使、
デリーポリシーグループ代表)

谷口智彦氏
(内閣官房参与、
慶應義塾大学大学院SDM 研究科教授)

日時:2019年3月26日(火)午後6時~ * 無料・要予約
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第1会議室(4階)

駐日インド大使時代に、日印の包括的経済連携協定をまとめ上げるのに力を尽くされた、ヘマント・シン元インド大使と慶應義塾大学大学院SDM 研究科教授で内閣官房参与の谷口智彦氏をゲストにお招きします。今回は安倍総理の外交政策スピーチライターでもある谷口氏に司会進行と通訳も兼任頂き、世界秩序の現状、インド太平洋の発展および日印関係の展望など、多岐に亘り対談頂きます。弥生3月。桜の花びらが散る前に一夕、インドと日本の縁におもいをめぐらせてみませんか。

 

■第8回 『私だけの香油作り』

講師 : 池谷 香 氏
(アロマ・セラピスト)

日時:2019年1月26日(土)午後5時~6時30分
場所:ギャラリーサンカイビ

 五感の中でも嗅覚は、もっとも原始的で本能的な感覚であり、喜怒哀楽などの 情緒行動を支配し、自律機能にも大切な役割を果たしています。よい香りは直接感情や本能を支配し、私たちの日常をとても豊かにしてくれます。
 今回は、アロマ・セラピストの池谷香氏をお招きして、香りの働きについて、自然から抽出したエッセンシャル・オイルのそれぞれの効用についてお話を伺います。そして皆様にはお好きなエッセンシャル・オイルをお選び頂き、オリジナルのブレンドで香油(パーヒュームオイル)を作り、お持ち帰り頂きます。
 アルコールに溶かした香料の割合を「賦香率(ふこうりつ)」と呼び、賦香率によって「オーデコロン」「オードパルファム」「オードトワレ」「パルファム」にわけられます。もっともライトに香るのはオーデコロン。植物オイルに自然から抽出したお好きな香りのエッセンスを加えて、自分だけの香油を作りましょう。
 コロン感覚で付けられるパヒュームオイルは香りを楽しむだけでなく、髪や爪などのお手入れオイルとしてもご活用いただけます。

 

■第7回 『トランプ大統領と金正恩委員長の臨戦態勢により日本の未来はどうなる?』

講師 : ビル・エモット氏
(国際ジャーナリスト)

日時:2017年12月1日(金)午後6時~
場所:東京シティ・エアターミナル 1階
   T-CATホール
   〈東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 直結〉
   東京都中央区日本橋箱崎町42-1
   TEL: 03-3665-7130
   http://www.tcat-hakozaki.co.jp/access/

 世界の安定と繁栄をもたらした民主主義は、第二次大戦以降アメリカ主導により、国際法や国際条約、国際連合を基幹に開放性と権利の平等の名において継承されてきた。しかし西側先進国の「繁栄」を実現してきたその「西洋」の民主主義は、2008年のリーマンショック以降急速に国民に不公平感をもたらした。トランプ大統領は、世界の平和と安定を支えていた国際協定や条約から次々と脱退表明をし、北朝鮮の核の脅威も迫るなか、日本はどのような舵取りをしていくべきか。今後の日本の治安や安定、そして発展は望めるのか?日本の未来を予見する。

 

■第6回 『女性がいつでも再挑戦できる社会をつくるために』

講師:衆議院議員・
木村 弥生 氏

日時:2017年5月25日(木)午後6時30分~
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第1会議室(4階)

 国会議員だった父と常に二人三脚だった母、そんな環境で寂しい幼少期を過ごした木村弥生さんにとって子供の時の憧れの職業は専業主婦だったそうです。念願が叶い大学を卒業後、結婚し25歳で出産。子供の中学受験後、看護の道へ進むために慶應義塾大学看護医療学部へ進学しました。40代で看護師になり病院や日本看護協会で勤務した後2014年衆議院議員に初当選。現在は待機児童問題や里親制度など、女性がいきいきと輝ける社会をつくるために国政で活躍している木村弥生さんにお話をうかがいます。女性が子育て後も働き続けられる職場作り、人口減少社会における持続可能な社会保障の充実など、会場の皆様とも対話形式で講演を進行させていきたいと思いますので、是非お誘い合わせの上ご参加下さい。

 

■第5回 『こころの健康を保つには』

講師:渡部 亜矢子 氏

日時:2016年10月29日(土)午後6時30分~
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第1会議室(4階)

 精神的ストレスをかかえやすい都市生活にあって心身ともに健康で過ごす方法を専門医とともに考えます。日本人の5~10人に一人がかかるといううつ病を中心に、心の健康について、精神科医療を取り巻く諸制度について、さまざまな角度から講演頂きます。


 

■第4回『江戸に遊ぶ 
~日本橋・浅草散歩~』

講師:植田 仁 氏

日時:2016年5月26(木)午後6時30分~7時30分
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第4会議室(地下1階)

 「お江戸」と尊敬を表す「お」をつけて呼ばれる町が、ほかにどこにあるでしょうか。さらに、その頭に花をつけて、"花のお江戸"と言って、庶民に親しまれた町だとしたら……これはもう思いっきり"江戸"の町で遊んでみたくなります。今回はそのための予備的な事柄について、肩のこらない程度にやさしく話してみたいと思います。
はじめに、江戸の成り立ち。江戸の町はいつ成立したの? 江戸ってどのあたりを指すの? 江戸の街づくりはどう行われてきたの? 江戸の町を支配した町奉行所ってどんな役所? など江戸の町に関する話について。
 次いで、江戸時代の人々の生活。暦の話、時刻の話、お金の話など、歴史小説を読むうえでも、テレビの時代劇を見るうえでも役に立つ身近な話題について。
 最後に、日本橋・浅草という歴史ある街を、古地図上で散歩してみましょう。地図の見方を覚え、少し見慣れると江戸の町の奥深さが見えてきます。
 さあ、一日江戸人になって、思いっきり江戸の町に遊んでみましょう、あちこち寄り道しながら……。

 

■第3回江戸の都市と建築
「世界」と「歴史」のワイドスコープ

講師:若山 滋 氏
建築家・名古屋工業大学名誉教授

日時:2016年5月12(木)午後6時30分~7時30分
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第4会議室(地下1階)

 江戸は、人口の多さ、ほとんどの建築が木造平屋、高い識字率などの点で、世界でも稀な都市であった。京都とも、大阪とも、鎌倉とも、地方城下街とも異なる。それは、16世紀に日本がヨーロッパすなわち世界と出会ったことと、関東の風土と歴史によって成立した。
 『江戸と江戸城』内藤昌著について、「ののじ」から「なると」へという発展、江戸城の城郭史上における位置づけについて説明する。また長屋という極小の集合住宅の文化、荻生徂徠の「旅宿」という評価について論じる。江戸文化の代表としての歌舞伎、俳句、浮世絵を、座と版の文化として、都市と建築の面からとらえる。最後に、明治以後の東京、今後の東京について考える。 

 

■第2回「水と人間環境」 
講師:小林 徹 氏

日時:2016年4月28日(木)午後6時30分~7時30分
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第4会議室(地下1階)

 不思議な物質である水が地球に存在したために生命が誕生し、今日に至っていますが、一方では災害をももたらし、水争いが小さな地域から国家間の争いになっています。4大文明が大河川の河口に形成されて、人々は人間社会の地域拡大の努力をしてきました。農業をはじめとする水利用は拡大する一方です。他方では津波、地震、原発問題等、水を除いては語れない課題が沢山あります。ローマ帝国の拡大は水路の拡大もその一因ですが、今日では水道管の発達と関連します。水を中心として話題を発展させるとことわざ、詩歌をはじめとして驚くほど日本を説明できそうです。日本料理は水分の多いのが特徴ですが、これは国土の特徴を現わしています。つまり水ほど多方面とのつながりを語ることのできる物質はありません。小さな滝ですら物語があります。他方あらゆるエネルギー問題に水が関わっていることも知ってほしいと思います。小さな事みたいですが、人間は生存の為に一日2Lの淡水を必要とします。これは災害時のサバイバル対策の一つです。

 

■第1回「江戸時代と人形町」 
講師:菊池 守 氏

日時:2016年4月7日(木)午後6時30分~7時30分
場所:中央区総合スポーツセンター(浜町公園内)第4会議室(地下1階)

 徳川家康が江戸に幕府を開き260余年間に築き上げた文化力、権力システム、平和維持の秘密について、浜町在住の菊池氏が分かりやすく解説します。家康が江戸に赴任した時の江戸の風景について、その後の街づくり、江戸城の築城と参勤交代、江戸文化と教育、徳川幕府の平和外交などをテーマに、現在に至りどのように発展、影響しているか分析します。

 
 

■ サンカイビ文化サロンに関するお問い合わせは

事務局]ギャラリーサンカイビ 担当:平田・高島

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-22-5
Tel:03-5649-3710
mail:info@sankaibi.com

http://www.sankaibi.com